2コリント人への手紙7:1ー16



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

『愛する皆さん。私たちは、このようにすばらしい約束を与えられているのですから、肉体と霊を汚すすべてのものときっぱり縁を切って、自分をきよめようではありませんか。そして心から恐れかしこんで、神だけに自分をささげようではありませんか。』1

 

間違ってるってわかってるけど、やめられないことってありませんか?神様は絶対喜ばないのに、罪だってわかってるのに、ついしてしまう。人間は罪の性質を持っていますから、気づけば罪だらけの生活を送ってしまいがちです。

 

でも、神様は私たちを愛してくれて、ちっぽけな私たちに大きな使命を与えてくれて、私たちを生かしてくれています。そうなら、その罪からきっぱり離れようではありませんか!というのが今日の箇所です。

 

でも、「そんなのできたら苦労しないよ!!」って思っちゃいます。罪からきっぱり離れるのって難しい。性質を持っていますから、すぐにばっと離れられない。

 

『神様は時々、罪を断ち切り、永遠のいのちを求めさせるために、私たちに悲しみを与えます。そのような悲しみを嘆いてはなりません。』10

 

そんな私たちのために、神様は私たちに試練を与えられます。私たちが完全に罪から離れられるように、辛い経験をさせるのです。それは私たちをいじめたいからじゃなくて、愛しているからこその行動です。ライオンの親が子どもを強くするために子どもを崖から落とすように、私たちを神様の元に引き寄せるために、訓練してくださるのです。

 

試練の真っ最中は辛いことが多いけど、でも大丈夫!神様は私たちを愛しておられますから、乗り越えられない試練は与えられないし、乗り越えた先に私たちには想像もつかないほどの喜びを用意してくれています。

 

先が見えないのは怖いです。でも、この先は絶対希望だってわかってるから怖くありません。辛くても、神の家族と共に祈ることができます。神様はあなたに平安を与えてくれます。

 

共に祈る神の家族と、愛による試練を感謝します。もし今試練の真っ最中にいるのなら、飛び跳ねて喜びましょう。この先に希望があります。断ち切らなければならない罪があるのなら、期待しましょう。祈り求めれば、絶対に断ち切ることができます。

 

私たちは愛されています!!なんて素晴らしいことでしょう!最高な神様に感謝と期待をもって、今日も歩みましょう。