1コリント人への手紙15:12ー34



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。」20−22

 

エス様が人間として地上に来たのは、いくつか理由がある。ひとつは、はじめの人間のアダムの失敗を、人間として取り返したこと。アダムから全ての人に死が来たように、イエス様は全ての人間に命を与えた。

 

エス様が人間として来たもうひとつの理由は、私たちの模範、私たちの「初穂」となるためだ。イエス様は人間だ。私たちも人間だ。イエス様は人間として奇跡を起こし、人間として復活を体験した。私たちと同じ人間として。

 

癒しの奇跡も、復活も、イエス様だけのものではない。それは使徒行伝を見てもわかるし、現在にも多くの証がある。

 

時が来れば私たち全員に死が来る。それと同じように、時が来れば私たち全員に復活が来る。新しい霊の身体をもって復活する。これは、クリスチャンに限った話ではない。人々は皆復活し、その後信じないものたちへの裁きがあり、永遠の行くべきところへ、それぞれが行く。

 

だから「思い違いをしてはいけない」とパウロは言う。私たち全員に、永遠の世界が待っているのだ。私たちのこの命は、地上の生活だけで終わるものではない。それがクリスチャンの希望であり、また、それが私たちが福音を宣べ伝えなければいけない一番の理由だ。