1コリント人への手紙7:1ー24



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。人の奴隷となってはいけない。」23

 

ここの箇所には、結婚について、夫婦について、よくかかれている。よく教会で聞く通り、結婚は神様からの祝福だ!みんなも人生のパートナーが欲しいだろう。ぜひ、イエス様を見上げあえる最高の人と出会ってほしい。

 

今回注目したいのは、今日の聖句だ。代価とは、イエス様のことだ。イエス様が十字架で死んだことを指している。神様は、イエス様という方を犠牲にしてでも私たちを助けたかった。

 

罪というのは、まるで鎖のように私たちを束縛する。その鎖は重く、前に歩くのも辛いだろう。

 

エス様はその罪を解放してくれたお方だ。罪が心になくなると、日々の生活が喜びもって1日1日大切に過ごすことができる。まるで心が洗われたよう!心から純粋に喜ぶことができる。

 

神様は私たちに価値を置いたんだ。命をかけてでも、あなたを救って抱きしめたかったんだ。

 

エス様は神の子だ。十字架にかかるまで、私たちなら耐えられない苦しい道のり歩んだ。しかし、死んだ後は3日後に復活されたお方だ!神様は悲しみだけで終わらない、必ず喜びをくれる方だ。

 

罪を告白し合おう。自分がしてしまった悪い事を、友と祈り合おう。友に抱いている思いがあるなら、伝えて謝ろう。そして、本当の喜びで心をいっぱいにしよう!罪を一人で抱えるのは、とっても辛いことだ。あなたには仲間がいる。

 

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」ヨハネによる福音書3:16

 

 

shinseigroup.hatenablog.com