ローマ人への手紙6:15ー7:12

 

「あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。神に感謝すべきことには、あなたがたは、もとは罪の奴隷でしたが、伝えられた教えの基準に心から服従し、罪から解放されて、義の奴隷となったのです。」16−18

 

「知らないのですか。自分の主人は自分で選べるのです。死に至る罪を選ぶこともできれば、義(正しさ)に至る従順を選ぶこともできます。だれかに自分をささげれば、その相手があなたがたの主人となり、あなたがたは奴隷となるのです。」(リビングバイブル16)


神は無理強いをされるお方ではない。人には、自分の人生を決断する自由が与えられる。神に従う人生を歩むか、否か。


ただし、神に従わない人生を選んだ時、それは罪の奴隷の人生だ。その最終的に行き着くところは、神からの永遠の刑罰がなされる場、「地獄」だ。聖書はそこに行くことを「死」とよんでいる。


奴隷は主人よりも弱い存在だ。私たちが罪の奴隷である時、私たちは罪に打ち勝つことはできない。私たちは自分自身で、自分を「死」から救い出すことはできない。

 

でも私たちには、イエス•キリストが与えられた。そしてこの方を信じることで、私たちは罪の支配下でなく、神の支配下で生きるという選択肢を与えられた。イエス様についていくと決断する時、私たちは罪の奴隷であることから解き放たれる。そして、「死」を恐れることから解放される。

 

神に従う人生を歩むか、罪の奴隷の人生を歩むか。決断はあなた自身しか下せない。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com