使徒の働き18:1ー23



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「ある夜、主は幻の中で、パウロにおっしゃいました。『恐れるな。語り続けなさい。やめてはいけない。わたしがついている。だれもあなたに危害を加えることはできない。この町には、わたしにつく者が大ぜいいる。』パウロは、一年六ヶ月の間、この町にとどまり、神の真理を教えました。」9−11

 

「もうやーめた!もっとやりやすい事しよ!」って思うことはないかな?辞めるのはいつでもできる。もっと楽しいことはあるし、もっと楽なことことを選びたくなることって毎日あると思う。新しいことを始めることより難しいのは「やり続けること」だ。継続ってすごい力のいることなんだ。だから結婚50周年とか、創業100年とかも盛大に祝われるべきことなんだ。

 

パウロは神の真理を語っていた。喜んで聞く人もいれば、迫害だってあった。「もうやーめた!!!」って言いたくなる日もあっただろう。「こいつらもうダメ!違う町にいこう!」って。でも、主はパウロを励まし、継続する力を与えるんだ。

 

結局その後、1年6ヶ月、同じ町にとどまってパウロは語り続けるんだ。神様が「恐れるな」って言ってくれたから。神様の約束があったから。

 

僕たちも辞めたくなることがある。でも、あなたが今置かれている場所は主のゆるしの中で遣わされている領域。あなたが取り組んでることは、勉強であっても、仕事であっても、人間関係であっても、主が託している働き。

 

主は「とどまって継続する力」を与える主。主が「もういいよ。おつかれさま。」って言ってくる時まで、僕らは語り続けるんだ。だから、もう投げ出したくなる時は、主により頼もう。主が始めたことは、主によって継続され、主によって完成していく。


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com