使徒の働き13:42ー14:10



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「しかし、ユダヤ人の指導者たちは、この群衆を見て、ねたみに駆られ、口ぎたなくののしり、ことごとくパウロに反対しました。」45

 

いま、誰かに嫉妬してたりするかな?ねたみの思いは心にあるかな?

 

今日のストーリーは嫉妬の話。パウロさんがあまりにも素晴らしい福音を語っていたので、人々は大喜び!町中の人々がこぞって詰めかけていたんだ。学校でもそんな人気者はいないかな?みんながその人気者のまわりに集まる。それを見ている自分は、、、、嫉妬してしまう!!

 

「あんな風になれたらな〜」ってあこがれならいいけど、「なんだよ!アイツ!!アイツなんかいなくなっちまえ!」と思ってしまう自分がいる。だから、無意識に悪口を言っちゃう。悪いうわさを流して、アイツの人気を落とそうキャンペーンを実施する。それが僕たち、罪人のすがただ。

 

今日のストーリーは、指導者が嫉妬したところ。というか、指導者ほど嫉妬するんだね。人の上に立つ人ほど嫉妬する。悲劇は、嫉妬心によって福音を聞けなくなってしまったこと。素直に福音を聞けた人たちは大喜びで救われていったのに。僕たちの心に嫉妬やねたみが満ちているなら、それは主によって取り去られなくてはいけない。それを自分の一部としてしまってはいけない。だから祈ろう。

 

「主よ。わたしの心はあの人への嫉妬で満ちていることを認めます。あの人をねたんでいることを認めます。本当に汚い自分の心をゆるしてください。あわれんでください。一番苦しいのは嫉妬している私自身です。どうか、あなたの十字架の血によって私の心を洗ってください。この嫉妬のこころを取り去ってください。そして新しい、素直な心を受け取ります。今日、嫉妬しているその人に、愛の行動を取っていくことができるように助けてください。イエスさまのお名前によって祈ります。」

 

かならず主はあなたを変えてくださる。だから、嫉妬心から救われるまでこう祈り続けよう!