使徒の働き10:9ー33

 

「コルネリオよ。あなたの祈りも良い行いも、神様はすべてご存知です。」31

 

コルネリオって名前の男がいた。ローマ軍の100人隊長だった。今でいうと、100人の部下がいて、100家族がちゃんと生活していけるようにリーダーシップをとり、ローマ軍として戦いで勝利をおさめていくためにチームを訓練し、教える立場。そんな社会的に立場があった人だけど、表面ではなく、内側がすばらしい人であり、家族だった。

 

「この人はたいそう信仰があつく、一家そろって神を信じていました。また、困っている人には惜しみなく施し、実によく祈る人でもありました。」使徒10:2

 

やっぱり、神様を信じている人は、人への愛の実践をする人なんだ。今日、まわりをよく見てみよう。困っている人がいたら積極的に助けよう。こう祈ってみよう。

 

「主よ、今日出会う人々の必要に気づかせてください。その人が何を必要としているのか、どんな言葉で、どんな態度で、どんな助けが必要なのか、教えてください。そしてそれをわたしが実践できるように愛と力もあなたが与えてくださるから感謝します。」


家族そろって神を信じ、人を愛し、よく祈る家族になろう。このコルネリオ一家は、祈りのなかで導かれ、なんとこの福音をローマ帝国に伝えていくために大きく用いられることになった。

 

神様の計画は計り知れないんだ。思いもしなかった偉大な形で用いてくださるから、私たちは期待しよう。私たちがすることをシンプル。

 

神を信じ、人への愛を実践し、よく祈りつつ歩もう。

 

P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。