使徒の働き9:10ー30



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「しかし、主は言われました。「さあ、行きなさい。このパウロこそ、わたしの教えをイスラエル人だけでなく、世界中の人々や王たちに伝えるために、わたしが選んだ人です。 彼には、わたしのために、どんなに苦しむことになるかを告げるつもりです。」」15−16

 

あなたは主に選ばれた人。あなたにその価値があったわけでも、特別に選ばれるような立派なことをしたわけでもない。ただ神に愛され、神の偉大な栄光をもたらすためにこの世において選び分けられた。言い訳ではなく、文句でもなく、申し訳なさでもなく、ただ感謝して招きにこたえて生きていったらいい。

 

でも、その人生は苦しみのない人生どころか、主とともに歩む毎日にだって苦しみや悩みがある。パウロに語られた主のことばは「わたしのために、どんなに苦しむことになるかを告げるつもりです」だった。「苦しむのなら嫌だ!」って思うかもしれない。

 

でも、苦しまない人生なんてない。苦しみには2種類ある。イエスさまのために受ける苦しみ。そして、イエスさまと離れて生きる苦しみ。

 

聖書はいう。キリストのために苦しむなら大いに喜べ!と。迫害されたら喜べ!恥をかいたら喜べ!キリストのために苦しむなら、希望があるんだ。でも、主を離れて生きる孤独な苦しみは本当に地獄のようだ。


主はその苦しみの最中にも共にいてくださる。けして見放すことはない。かならず救ってくださるお方だ。どんな苦しみの環境や状況があっても、わたしたちの内にある喜びと感謝を奪うことは誰にもできないんだ。今日も感謝を数えて歩んでいこう。


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。