使徒の働き4:23ー5:11



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「信じた者の群れは、心と思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものと言わず、すべてを共有にしていた。」32

 

僕たち人間は「分け与える」ということが苦手な生き物だ。自分が得たものは自分のものにしたいし、他人が持っているものほど欲しくなる。

 

しかし、イエスさまを信じる人の姿は、まぎれもなく「分け与える」集団だった。いっさいのものを共有し、だれひとりとして貧しく苦しいものがいないように、祈りの中で必要を補い合う仲だった。

 

 

分け与えることは、もったいないこと? 自分で頑張って得たんだから、自分のものにするのは当たり前? いいや、聖書が教える「幸せのゴールデンルール」は「受けるより与える方が幸い」だ。

 

「このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、『受けるよりも与えるほうが幸いである。』と言われたみことばを思い出すべきことを、私は、万事につけ、あなたがたに示して来たのです。」使徒20:35

 

この言葉を信じ「与える」を実行した人を、イエスさまは豊かに祝福してくださる。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com