読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨハネの福音書5:15ー29

 

「よく言っておきます。わたしの言うことを聞き、わたしを遣わされた神を信じる人にはだれでも、永遠のいのちがあります。罪のために罰せられることは絶対にありません。すでに死からいのちに移っているのです。」24

 

エスさまは安息日に癒しを行なったがために、多くのユダヤ人たちから迫害を受けた。当時のユダヤの文化は安息日に仕事を行なってはならないという決まりがあったからだ。

 

しかし、イエスさまは「わたしの父は、絶えず良い働きをしておられます。わたしはその模範にならっているのです。」(17)と言い、自分の父(すなわち天にいる父なる神さま)は休むことなくはたらいているのだから、わたしもそうするのだと言いきった。

 

聖書は、イエスさまが神の子であることを示している。パン生地から一片ちぎったとしても、それは大きなかたまりと全く同じ質であり、さらに元に戻すとまた一つになる。同じように、イエスさまは父なる神さまと同じものであるけれど、地上に降りてくださり、人の姿をとられたんだ。

神であるイエスさまの言うことをよく聞き、それを信じるものはもはや罪に束縛されることはない。愛と自由と平和が僕たちを包んでくれる。このことに感謝し、喜び、今日も1日歩んでいこう。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com