ヨハネの福音書1:19ー34


ユダヤ人たちが祭司とレビ人をエルサレムからヨハネのもとに遣わして、『あなたはどなたですか。』と尋ねさせた。

 

彼は告白して否まず、『私はキリストではありません。』と言明した。

 

また、彼らは聞いた。『では、いったい何ですか。あなたはエリヤですか。』

 

彼は言った。『そうではありません。』

 

『あなたはあの預言者ですか。』

 

彼は答えた。『違います。』

 

そこで、彼らは言った。『あなたはだれですか。私たちを遣わした人々に返事をしたいのですが、あなたは自分を何だと言われるのですか。』

 

彼は言った。『私は、預言者イザヤが言ったように『主の道をまっすぐにせよ。』と荒野で叫んでいる者の声です。』

 

彼らは、パリサイ人の中から遣わされたのであった。彼らはまた尋ねて言った。『キリストでもなく、エリヤでもなく、またあの預言者でもないなら、なぜ、あなたはバプテスマを授けているのですか。』

 

ヨハネは答えて言った。『私は水でバプテスマを授けているが、あなたがたの中に、あなたがたの知らない方が立っておられます。その方は私のあとから来られる方で、私はその方のくつのひもを解く値うちもありません。』

 

この事があったのは、ヨルダンの向こう岸のベタニヤであって、ヨハネはそこでバプテスマを授けていた。」19−28