ルカの福音書19:28−48

 

「わたしの家は、祈りの家でなければならない。」46

 

教会はいつでも祈りにきていい場所だ。水曜や日曜だけでなく、主を求めて、祈り、賛美、みことばを読みにきていい。イエスさまは毎日あなたに語りかける神だ。あなたも毎日イエスさまに語りかけていい。それが「豊かな関係」というものだ。

 

関係の深さを測るものさしがあるとしたら、その声をどれだけ聞いているかだ。友達であっても会話がなければ疎遠になっていく。恋人であっても会話がなければ心が離れていく。

 

それは夫婦だって同じだ。関係というのは耕さなければ決して豊かにはならない。日々の努力が必要なものだ。何もしなければ干からびていくものだ。

 

だからこそ、今日という日に主に祈り、主の声を聞こう。

 

そのとき、その関係を壊そうと襲ってくる敵がいても「どうしてよいかわからなかった」(48)あなたが熱心にイエスの話に耳を傾けていたからだ。

 

「イエスは毎日、宮で教えておられた。祭司長、律法学者、民のおもだった者たちは、イエスを殺そうとねらっていたが、どうしてよいかわからなかった。民衆がみな、熱心にイエスの話に耳を傾けていたからである。」(47−48)

 

だれもキリストの愛から引き離すことはできない。何者もあなたのうちに輝く希望の火を消すことはできない。この世において圧倒的勝利者として歩みが与えられている。

 

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。」ヨハネ15:4

 


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com