ルカの福音書7:1−17

 

「ただ、おことばをいただかせてください。そうすれば、私のしもべは必ずいやされます。」7

 

ひとりの百人隊長のしもべが病気で死にかけていた。そして彼はイエスさまのお言葉さえいただければ必ず癒されると信じた。

 

「これを聞いて、イエスは驚かれ、ついて来ていた群衆のほうに向いて言われた。『あなたがたに言いますが、このようなりっぱな信仰は、イスラエルの中にも見たことがありません。』使いに来た人たちが家に帰ってみると、しもべはよくなっていた。」9−10

 

こんな話がある。

日本マクドナルドの創業者藤田田さんは、初めは輸入雑貨の販売店、藤田商店を経営していた。ある日のこと、アメリカの会社から日本製のトランジスタラジオ三千台の発注を受けた。メーカーに大急ぎで作らせ、さあ輸出という時になって、大変な知らせが藤田さんに届くんだ。「注文はキャンセル、金も払わん。」当時の日本はまだ敗戦国のイメージが強く、戦勝国アメリカの企業は、弱小日本企業に対して、無理難題を押し付けて平気だったんだ。多くの日本企業は泣き寝入りするしかなかった。しかし、藤田さんはこの横暴を見過ごしにしなかった。なんとケネディ大統領に直接手紙を書いたんです。

 

「大統領閣下、すなわち民主的貿易の守護者にして自由貿易体制の擁護者であり、米国民の代表者たるケネディ大統領、この企業の行いはアメリカでは普通のことかもしれせんが、他国にとっては大損害をもたらすものなのです。お忙しいのは百も承知しています。ですので一分でよいので、この会社に一言言ってやってください。」

 

一月後、藤田さんはアメリカ大使館から呼び出しを受けます。そしてそこで、業者にキャンセル撤回を勧告する、という回答をもらうことに成功したのです。下の方で押したり引いたりしても、どうにもならなかったトラブルでしたが、最高権力者の介入によって劇的な解決を見たのです。

 

この世界の本当本物の最高権力者とは誰だろう。この全宇宙をお造りになった神をおいて他にはいない。この全知全能の神がわたしたちの問題に乗り出してくださるなら、必ず解決がある。何にもまして、主のお言葉を求めよう。主はかならずそのあなたの祈りにこたえてくださる。

 

「主の声は、力強く、主の声は、威厳がある。主の声は、杉の木を引き裂く。まことに、レバノンの杉の木を打ち砕く。主は、それらを、子牛のように、はねさせる。」詩篇29:4−6


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com