ルカの福音書3:7ー38

 

「下着を二枚持っている者は、一つも持たない者に分けなさい。食べ物を持っている者も、そうしなさい。」11

 

バプテスマのヨハネは神を信頼している人で、人に頼ってはいなかった。だから人の耳に優しい言葉ではなく、神の福音をまっすぐに伝えた。

 

今の時代にどれだけの人が、人を恐れず真実を告げることができるだろう。人ではなく神を恐れ、神を信頼するものにはそれができる。

 

「そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナへ投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。」4−5

 

人々は真実を語るヨハネに聞いた。「私たちはどうすればよいのでしょうか」

 

ヨハネは具体的に生き方を変えるアドバイスをする。あなたが持っているものを、それを必要とする人たちに分け与えること。どんな仕事でも適切に正直に行うこと、そして自分の与えられた給料で満足することを教えた。

 

罪の生活をしている人を慰めるのではなく、正しい生活へ招いたヨハネ

 

私たちも今日、神を恐れ、神を信じ、神の目に正しいことを選んでいこう。あなたに生き方のアドバイスを求める人がいたなら、ヨハネのように、罪の生活を慰めるのではなく、聖書から正しい生き方を伝えるものになろう。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com