読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルカの福音書2:1ー20

Daily Devotion ルカの福音書

 

「羊飼いたちは、見聞きしていたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰った。」20

 

聖書は「これをしろ」「あれをしろ」という命令の書ではない。神の約束の書だ。宗教は人をしばる。しかし、イエスの愛は人を自由にする。神の言葉は僕たちに与えられた約束だ。人は約束を破ることがあるが、主は信じるものに必ず約束を果たすお方。福音を見聞きして、そこで終わらせてはいけない。


羊飼いは「救い主が生まれた」という天使の言葉が本当かどうか「聞いて」知ったのではない。実際に足を運んで、飼い葉桶に寝ておられるイエスをその目で見て、イエスに触れて「本当だ」と知ったんだ。

 

このみことばが真理かどうかは、「聞いて」知るのではない。「従って」知ることができる。「徹底的にこの御言葉に従ってみよう」と自分にチャレンジしてみよう。主が、徹底的にご自身を示してくださる。今日も主の約束を知り、主の約束を信じて歩もう。賛美しながら出て行き、賛美しながら帰ってこよう。

 

「そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。『もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』」ヨハネによる福音書8:31−32


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。