読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルコの福音書9:14−32

Daily Devotion マルコの福音書

 

「するとイエスは言われた。『できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。』」23

 

神様に何一つ難しすぎるものはない。難しいことがある神様はもはや神様じゃない。主は全治全能なる主だ。このお方が私たちと共にいるならば、何を恐れることがあるだろう。

 

この御言葉は素晴らしい励ましだ。でも、これは自己中心的な信仰じゃない。「自分がほしいもの全部ちょうだい!」というものじゃない。

 

信仰とは、わたしが欲しいものは全部与えられるとを信じることではなく、神様がなさることはすべて正しいとを信じることだ。

 

自分のほしいものが与えられないとき、それは落胆するときじゃない。むしろ、神様が想像と思いを超えるものを用意してくださっていることを期待し喜ぶときだ。

 

確かなのは、神様に与えるのが難しいものは何一つないということ。そして神様はいつも私たちが本当に必要なものを与えようとだれよりも望んでおられる方ということだ。

 

今日も主にあって、無敵の歩みをしていこう。


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

 

shinseigroup.hatenablog.com