読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愛する」を知る Love Language

DEVOTION

f:id:shinseigroup:20170217164139j:plain

 

 

人にはみんな、心にラブタンクを持っています。

 

ラブタンクに愛が入ってないと、カラカラになってしまって人を愛することができない!自分の心が満たされていないと、誰かを愛することはできないものです。

 

これは、恋愛にも当てはまるし、友人関係や家族との関係にも同じことが言えます。

 

 

 

そして、教会でも同じです。

 

 

今日は、そんなラブタンクを満たす、ラブランゲージについてのお話です。

 

 

あなたのラブランゲージは何か考えてみよう!

 

a. 肯定的な言葉 Words of Affirmation
b. 奉仕的な行動 Acts of Service
c. 良質な時間 Quality Time
d. プレゼント Receiving Gifts
e. スキンシップ Physical Touch

 

 

ラブランゲージとは、「あなたが、どういうもので愛を感じるか」ということです。

 

 

あなたが、いちばん愛を感じるものはどれですか。

 

いちばんあなたのラブタンクを満たすものはどれですか。

 

順位をつけてみましょう!!

 

 

これは異性か同性か、恋人か友人かによって違うかもしれませんが、今回は友人で考えてみましょう。特に教会の友人。

 

 

人を愛するためには、「愛の言語」を理解しなくてはいけない。

 

 

 

 

自分はこの人を愛している!これからも愛していきたい!

 

よし、愛を示すためにプレゼントをしよう!

 

 

 

これは素晴らしいことですね。

 

でも、その相手がプレゼントはそこまで嬉しくなかったら、それよりも褒め言葉の方が嬉しかったとしたら、

 

 

 

そこにミスコミュニケーションが生まれます。

 

愛したい!という思いがあるのに、こういったすれ違いで悪循環を生んでしまうのは、もったいないこと。

 

だから、相手は何がいちばん愛を感じるか(=ラブランゲージ)を知る必要があります!

 

 

 

 

いいですか、みなさん、考えましたか。順位つけましたか。

 

 

a. 肯定的な言葉 Words of Affirmation
b. 奉仕的な行動 Acts of Service
c. 良質な時間 Quality Time
d. プレゼント Receiving Gifts
e. スキンシップ Physical Touch 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕は、 c b e a d でした。

 

これは、ひとによって本当に違う、何が良いとか何が悪いとかじゃありません。

 

 

 

 

 

これを、ぜひ教会のみんなで発表しあってください。

 

恥ずかしいかもしれないけど、これは知っておく必要がある。

 

 

「隣人を愛しなさい」というけれど、ラブランゲージを知らないと、それはもしかしたら愛せていないのかもしれないからです。

 

 

 

そして気をつけなければいけないのは、相手のラブランゲージで攻撃してしまうとダメージ2倍ということです。

 

 

例えば、a. 肯定的な言葉 がラブランゲージの人に否定的な言葉をかけると、より辛いということです。そういう意味でも、知っておく必要がありますね。

 

 

チームワークもそうです、恋人関係もそうです。

 

ラブランゲージを知っていきましょう。そして自分のラブランゲージを伝えていきましょう。教会生活も人間関係も、きっと守られていきます。

 

 

 

 

 

愛するっていうのは、相手のラブランゲージに合わせることを言います。

 

 

 

 

 

 

ラブタンクを満たしてくださるお方

 

そして、みんなのラブタンクを本当の意味で満たすことのできるお方は、人間ではないということを知ってください。

 

絶対に理解していかなくちゃいけない。

 

それができるのは、イエスさまだけだからです。

 

 

 

 

 

だからこそ、イエスさまのもとに身を置きましょう。

 

ラブタンクを100%満たしてください、それはイエスさまに出会うことです。

 

 

 

どんなに人間関係がうまくいかなくても、ラブランゲージが理解できなくても、それでもなお、愛していける!!

 

それができるのは、イエスさまにラブタンクを満たしてもらった人です。

 

 

 

 

 

イエスさまのラブランゲージは何かということを考えてみてください。

 

もう「自分がしたい礼拝」「自分がしたい歩み」はやめましょう。

 

イエスさまが何を望んでいるのか考えていくべきです。

 

 

 

 

イエスさまが聞きたい賛美ってなんだろう。

 

イエスさまが聞きたい祈りってなんだろう。

 

 

 

それを実行したとき、神さま喜んでます。

 

 

「神を愛し、人を愛する」

 

 

実行していきましょう!