マタイの福音書25:1−30



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかなものに忠実だったから、私はあなたにたくさんのものを任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。」23

 

これは主人が3人のしもべに財産を預けて、主人が帰ってきたときにしもべに言ったことば。これは、主人である神様がわたしたち託した賜物、才能、時間、お金、家族を忠実に大切にするかどうかをチャレンジしている。

 

人生は量じゃない。この手に託されたものが多く見えても、わずかに見えても、それに忠実であることが大切だ。

 

150万円預けられたものは倍の300万円にしてほめられた。60万円預けられたものは倍の120万円にして、同じようにほめられた。でも30万円預けられたものは、それを地にうめて何もしなかった。30万円のままだったしもべに、主人は厳しくとがめた。

 

1円をないがしろにする子供に1000円を与えるだろうか。一人の部下を物のように扱う人に大きな会社を託すだろうか。今日という1日を精一杯生きることをしないで、1年後の成長を望むことはできない。

 

与えられた才能、時間、環境に忠実に、前向きに、誠実に生きよう。人生の最後に、主人であるイエスさまからの「よくやった。良い忠実なしもべだ。」という言葉が待っている。


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com