マタイの福音書17:24ー18:14



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

 

「そこへ、弟子たちがやって来て、『私たちのうち、だれが天国で一番偉いのでしょうか』と尋ねました。」1

 

このとき弟子たちの関心は「だれが一番偉いか?」だった。僕たちの優越感はどこからきてるだろう。人との比較だろうか?でもイエスさまはこの問いにこう答えた。

 

「よく聞いておくのですよ。悔い改めて神に立ち返り、この小さい子供たちのようにならなければ、決して天国には入れません。ですから、小さい子供のように自分を低くする者が、天国では一番偉いのです。」4

 

優越感にひたるなら、人と比べてどれだけ自分ができるかではなく、神を見上げてどれだけ自分が愛されたかにひたろう。子供の特徴は、親に頼りきっているということだ。つまり、自分で何でもできると思っていない。

 

僕たちは人と自分を比べるとき、あの人より何ができるとか、この人のように何ができないとか言う。でも、僕たちは人の前に生きているのではなく、神の前に生きているんだ。

 

神の聖さ、神の完璧さ、神の正しさ、神の愛を前にして、誰も自分の強さを誇ることなんてできない。自分の無力さを知る者だけが、神の力強さに出会う。

 

自分の不完全さに叩きのめされた者だけが、神の完璧さに希望を見出す。そしてそこに残っているのは、神の完璧な愛と赦しだけなんだ。今日という日を、神の前に自分を低くして歩もう。


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

 

shinseigroup.hatenablog.com