読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マタイの福音書17:1ー23

 

「これこそ、わたしの愛する子。わたしは彼を心から喜んでいる。彼の言うことを聞きなさい」という声が聞こえました。」5

 

僕たちはいつも色んな声を聞きながら生きている。自分の声、本能の声、勝手きままな声。でも、どんなときもその中でキリストの声を聞いていくことが大切だ。

 

イノシシを捕まえるためには、その足跡をたどっていけば、イノシシを見つけることができるという。

 

僕たちもイエスの足跡を慕っていかなければ、イエスに会えない。イエスのみ声に従っていかなければ、神の栄光を見ることはできない。イエスさまが十字架にかかってくださったのに、自分はというとソファーにゆっくり座って神を待ってはいないか。

 

ペテロが「わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした」(ルカ5:6)と言ったことがある。自分の経験にもとづいて言ったことだ。

 

でも、「しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」と言った。

キリストの声を選択したんだ。自分の考えや立場に固執しないで、そういうものを持ちながらでも、イエスの声に聞き従ったペテロはそこで神の恵みを発見した。大漁が待っていた。

 

今日を、何を失ったとしてもキリストの声を聞き、キリストの声を選択していく1日にしよう。

 

P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

 

shinseigroup.hatenablog.com