マタイの福音書12:1ー21

 

「それからイエスは、片手の不自由な男に、『手を伸ばしなさい』と言われ、彼がそのとおりにすると、手はすっかりよくなりました。」13

 

イエスさまは手が不自由な男に「手を伸ばしなさい」と言葉をかけた。不自由なのだから「イエスさま、それができないから大変なんです」と言い返すこともできた。でも男は「そのとおりにすると」と反応した。

 

信じるというのは、イエスさまの言葉に応答することだ。

 

人間の理解、常識、世界では無理なことがある。でも、もう僕たちは神の常識、天の価値観、御国の日常のなかで生きている。だから、この世の中にあって、新しい思いをもっていくんだ。

 

この世に調子を合わせてはいけない。妥協してはいけない。今日も主に手を伸ばしてこう。そこに癒しがある。神の言葉は僕たちを救う力、何もないところから奇跡を生む力、死人を生かす力だ。

 


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com