ユニーク



新しいホームページができました!! http://sapporoshinseich.com

このブログは2017年12月31日をもって、新ホームページに移転します。

f:id:shinseigroup:20170113003110j:plain

 

 

1月5日のユースワーシップのメッセージを取り次いでくれたのは、ハルちゃん。今年度の春に熊本から神学生として来てくれた、Shinsei Youthにとって、かけがえのない存在のひとりです。

 

 

わたし、人と違うんです。

 

 

それがいいんです!!

 

 

 

 

自然は第二の聖書

 

詩篇をみてみると、自然をみて神をほめたたえるところはたくさんあります。

 

 

雪の結晶は、同じ形のない、すべて違う形をした結晶。

 

雪の結晶って本当に全部形違うのかな?と思い、目を凝らして見るけど・・・全然見えない。小さすぎてみえない!結晶だと認識するだけでいっぱいいっぱい!

 

 

 

人には無理でも、神さまは、その違いを全て知ってくださっているお方です。

 

 

しかも、その小さな雪の結晶が、どこの地域に降って、どこに積もるのかも知っているお方なんですね。この小さな雪の結晶が、美しい風景の一部になることを、神様はご存知です!やっぱりすごい神さま。

  

 

 

 

 

教会はキリストのからだ

 

「一つのからだには、多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。」ローマ12:4ー5

 

 

雪の粒が、すべてユニークであり、それが集まって広大な景色となるように

わたしたちも、ひとりひとり違い、ユニークにつくられています!

 

 

各器官は、同じ形であってはいけません。目と耳が一緒では、ちゃんと機能しません!わたしたちがみんな揃って、キリストのからだをつくる、不必要な人は誰もいない、素晴らしいことですね。

 

 

神さまはユニークが大好き。神さま自身も、ユニーク。神さまは一人であり、誰にもかえられない存在です。

 

 

「私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」ローマ12:3

 

 

 

 

 

ある宣教師がえらくなりたい人に尋ねました。

「あなたは、えんぴつと冷蔵庫。どちらが高価だと思いますか?」

 

えらくなりたい人は、即答しました。「冷蔵庫!」 まぁ、当然、値段が高い冷蔵庫ですよね。


しかし、宣教師はこう言います。「えんぴつは、とても手に入りやすいかもしれない。けど、えんぴつにはえんぴつ にしかできないことがあります。」

 

えらくなりたかった人は思いました。じゃあ、僕はえらくなくてもいい!

 

冷蔵庫じゃなくてえんぴつになろう。

 

 

 

 

わたしたちもそれぞれ、賜物があり、負うべき重荷、役割があります。

 

 

人は、人と「違う」と不安になる。本当はユニークにつくられていて、それでいいのに。自然界でみたら、同じ模様のキリンだって一頭もいない。それが当たり前であり、それが素晴らしいです。

 

 

 

わたしの姉妹はみんな、歌がうまく、わたしも歌がうまくなりたいと思っていました。父が歌っていると、姉達は一緒に歌いながらハモリます。わたしはなんにもできないので、ただ聞いていました。すると、ある日、父がわたしに言ったんです。

 

「わたしが歌ってても邪魔してこないのは、はるかだけだよ。ありがとう。聞き上手だね。」

 

歌がうまいことが良いことだと思っていたし、それが当たり前だと思ってたんです。でもわたしには、聞くことを与えられていました。

 

 

 

 

あの人いいなって思うけど、羨んだりすることもあるかもしれないけど、

あなたの良いところ、あなたにしか出来ないことが必ずある。

 

それを与えてくれたのが神さまです。その思いを大切に歩んでいきましょう。

 

 

 

 

 

100匹の羊のたとえ話

 

「あなたがたはどう思いますか。もし、だれかが百匹の羊を持っていて、そのうちの一匹が迷い出たとしたら、その人は九十九匹を山に残して、迷った一匹を捜しに出かけないでしょうか。そして、もし、いたとすれば、まことに、あなたがたに告げます。その人は迷わなかった九十九匹の羊以上にこの一匹を喜ぶのです。」マタイ18:12ー13

 

 

これって当たり前なのでしょうか? 逃げだしたら、その一匹をそりゃあ、探すよね。

 

 

ではみなさん。

 

ユニクロの同じヒートテック100枚あって、1枚なくなったら、

探す…前に、まず気づきますか?

 

大抵の人は、「いらない」「一枚くらいなら、まぁいいか」そういう考えにいくと思います。

 

1.自分に特別な思い入れがある。
2.どこが良い知っている
3.特徴を知っている。

 

この例え話は、99匹と1匹の思い入れの深さを比べているわけではありません。

 

その一匹の、名前や良いところ悪いところ、どう生きてきて、どう立ち返ってきたのかを、神さまが知っていること、そのユニークさをどれだけ愛してくだっているのか、がわかる箇所ですね。

 

神さまは、「あなた自身」が大好きです。そのあなたのユニークな部分を活かして、これからも神さまに仕えていきましょう!

 

 

 

 

分かち合い

・それぞれに与えられている役割をしっかりを担っていこうと思った

・えんぴつもなかったら大変だ

・自分って特技とかなんもない、でも神さまがひとりひとりを見つけてくださった。色んなことに挑戦して、見つけていきたい

・前の集会の分かち合いで、わたしがこの人のことを大嫌いでも、イエスさまはこの人を愛しているんだと感じると、「敵を愛せ」という言葉の通り、その様々な思いが踏みとどまれる。

・傷がつく痛み、傷が治る喜び、をからだ全身で感じていきたい。教会の神の家族の喜びや悲しみを一緒に感じていきたい。

・その人にしかできない神さまの栄光、御業を、ひとりひとりの限度をふまえて歩んでいきたい。

 

 

 

 

ユニーク、最高!!!