愛はすべての罪を覆う

f:id:shinseigroup:20161122165610j:plain

 

 

今日のメッセージは、創世記9:20−23からです。

 

20さて、ノアは、ぶどう畑を作り始めた農夫であった。 21ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。 22カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。 23それでセムとヤペテは着物を取って、自分たちふたりの肩に掛け、うしろ向きに歩いて行って、父の裸をおおった。彼らは顔をそむけて、父の裸を見なかった。」

 

 

 

とある有名グルメリポーターが、成功する飲食店についてこう言った。

 

「飲食店の成功の秘訣は、トイレに生け花が置いてあることだ。」

 

ぇえ! 料理も接客態度も金額も関係ないの!?

 

トイレは最も汚れるところ。だからこそ

トイレに気を配っているところに、そのレストランの「本気度」が現れる。

しかも生け花は手入れが大変。常に世話をしていなくちゃいけない。

 

 

自分のいっちばん汚いところに、永遠にしおれることのない生け花を添えてくださって綺麗にしてくれるお方が、ひとりだけいる。

 

それがイエスさまだ。

 

 

 

 

愛は覆うこと

 

今日の箇所は、ノアの箱船のストーリーの最後

ノア一家が箱舟から出たあとのはなし。

 

ノアのイメージってどんな感じかな。

その当時、神さまの御声を聞ける唯一の正しい人だった。

 

しかし、ここでノアの弱点が見える。

 

 

21ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。」

 

 

あー、やっちまいました、ノアさん。

 

酒は飲んでも飲まれるな という言葉がありますが、ノアは酔っ払って醜態をさらしてしまう。完璧な人間なんていないっていうことも、ここから学べますね。

 

 

 

この父の姿を知った息子たち。

 

ハムがしたことは

「おーい! 親父が裸になって寝てるぜ、なんて最低なんだ!」

と外に出てみんなに告げた。これは、僕たちの生活でもよくあることですね。

 

 

責めるのは簡単。非難するのは簡単。陰口って盛り上がる。

特に学生だったら、悪口陰口なんてのは、学校にあふれている。

 

 

はっきりと言っておく。陰口は人間関係を崩壊していく。

 

 

 

でも陰口言わないと空気読めない人になってしまう!

友だちも言ってるし、ただのイジリだから!

 

 

陰口のある環境に身を置いてしまったとき、回避する方法は、これ。

 

何も言わなければいい。 覚えておきましょう。 

 

 

 

 

それに対し

 

セムとヤペテは、父の恥ずかしい姿を視界にいれることもせず、

後ろ向きに歩いて近づき、ただ、覆った。

 

 

愛は、覆うこと。

 

欠点を弱点を失敗を、ただ覆うこと。

 

 

 

イエスさまがしてくれたのは、こういうことなんです。

 

 

僕たちの本当にしょーもないところ、弱さ、罪

それを、ただ覆ってくれた。それがイエスキリストです。

 

 

 

イエスさまが愛してくれたように、僕たちも覆う愛を実践していきましょう。

 

 

 

覆う愛の実践

 

 

1.祈りによって覆うことができる

 

互いのために祈ること。祈りによって覆うことができる。

 

「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」ルカの福音書22:32

 

 

2.奉仕によって覆うことができる

 

それぞれの得意なことを、みんなのためにやっていこう。

 

誰かができないことは、誰かがやってあげればいい。責める必要はない。

 

「あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。」1ペテロの手紙4:10

 

 

3.献金によって覆うことができる

 

1番最初の教会はどうだったか見てみよう。

 

「信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおの必要に応じて、皆がそれを分け合った。」使徒の働き2:4

 

 

誰か1人がもし、ピンチを迎えているときに、

みんなでそれを補っていくことができるか。

 

世の中は「自分さえ良ければいい」って考えで充ちている。

 

僕たちは、お互いに、他人の必要を自分の必要として補っていくものでありたいと思います。イエスがそうしてくれたように、僕たちも愛で覆っていきましょう。

 

 

 

 

「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。」1ペテロの手紙4:8

 

 

 神さま、感謝します! 愛を実践していきましょう!!