使徒の働き

使徒の働き7:1ー22

「大祭司が、『訴えのとおりか』と尋ねた。そこで、ステファノは言った。『兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムがメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、」1−2 イエス様が復活して弟子…

使徒の働き6:1―15

「しかしステパノは、聖霊に助けられ、知恵のかぎりを尽くして語ったので、だれも、たち打ちできません。」10 聖書での悪役は、なんとかして正義を悪者に見立てようとする。そのために、嘘をついたり、言葉で追い詰めたりする。 「アンパンマン」という有…

使徒の働き5:12−42

「『行って宮の中に立ち、人々にこのいのちのことばを、ことごとく語りなさい。』と言った。」20 弟子たちが聖霊を受けると、彼らは大勢のひとたちに福音を伝え、また不思議な奇跡やしるしをイエスの名によって行い始めた。このことをよく思わなかったサド…

使徒の働き4:23ー5:11

「信じた者の群れは、心と思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものと言わず、すべてを共有にしていた。」32 僕たち人間は「分け与える」ということが苦手な生き物だ。自分が得たものは自分のものにしたいし、他人が持っているものほど欲しくな…

使徒の働き4:1−22

「彼らはペテロとヨハネとの大胆さを見、またふたりが無学な、普通の人であるのを知って驚いたが、ふたりがイエスとともにいたのだ、ということがわかって来た。」13 ペテロとヨハネがイエスさまについて語っているのを見て、彼らを取り押さえたサドカイ人…

使徒の働き3:1ー26

「神はこのイエスを死者の中からよみがえらせました。私たちはそのことの証人です。そして、このイエスの御名が、その御名を信じる信仰のゆえに、あなたがたがいま見ており知っているこの人を強くしたのです。イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さ…

使徒の働き2:29ー47

「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」46−47 みんなは家族や友達と一緒にご飯を食べるのは好きかな…

使徒の働き2:1ー28

「私はいつも、自分の目の前に主を見ていた。主は、私が動かされないように、私の右におられるからである。それゆえ、私の心は楽しみ、私の舌は大いに喜んだ。さらに私の肉体も望みの中に安らう。あなたは私のたましいをハデスに捨てて置かず、あなたの聖者…

使徒の働き1:1ー25

「だから今、ユダの代わりにほかの人を、イエスの復活の証人に選ばなければなりません。選ばれるものの資格ですが、何と言っても、初めから私たちと行動を共にしてきた人でなければいけません。」21−22 「選ばれる理由」はなんだろう。サッカープレイヤ…