読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルカの福音書14:12ー35

 

「ですから、塩は良いものですが、もしその塩が塩けをなくしたら、何によってそれに味をつけるのでしょうか。」34

 

イエスさまはここで、クリスチャンのことを塩と言っている。そしてそれは良いものだと言っている。このことを喜ぼう。

 

「あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。」マタイ5:13

 

もし塩が塩けをなくしたら。

 

塩の力とは何だろう。

 

1つは味付けだ。「料理のさしすせそ」の「し」に当たる塩は、僕たちの生活に欠かせない調味料の1つだ。そしてそれは少量で十分の力を発揮する。むしろ過剰にとりすぎては良くない。

 

1つは腐敗防止作用だ。野菜を塩につけると腐敗防止となって長く保たせることができる。多くの悪いもの、腐敗から塩は守ってくれる。

 

1つは浄化作用だ。昔の人は歯を磨く時に塩で磨いたらしい。日本の仏教の葬式でも浄めの塩という表現はよく聞くだろう。

 

 

僕たちクリスチャンも、塩の作用を期待されている。社会に味付けをし、インパクトを与え、またその量を適切にコントロールし、義なる神を指し示し、この世の腐敗から守っていく。

 

この使命を忘れてしまえば、イエスさまは「何の役にも立たなくなる」と厳しい忠告をしている。

 

いま一度、僕たちがこの世でどうするべきか考えてみよう。イエスさまが喜ぶ生き様・愛し方をしていこう。塩のはらたきで忘れてはならないのは、いずれも「主役は味付けされるもの」であって、塩はあくまでも脇役であり続けるということだ。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com

 

 

 

 

「復活への道ー5」マタイの福音書27:62ー66

 

スペシャルデボメです。

イエスさまが十字架に向かう毎日を読んで、イースターに備えよう。

 

今日は第七日(土曜日) 「墓の中」マタイ 27:62-66、

 

「ですから、三日目まで墓の番をするように命じてください。そうでないと、弟子たちが来て、彼を盗み出して、『死人の中からよみがえった』と民衆にいうかもしれません。そうなると、この惑わしのほうが、前の場合より、もっとひどいことになるます。」64

 

「そこで、彼らは行って、石に封印をし、番兵が墓の番をした。」66

 

イエスさまはご自分が復活すること事前に伝えてた。(「人の子は三日目によみがえります」ヨハネ20:17-19)それを聞いて重く受け止めていたのは弟子たちよりもイエスさまを十字架につけた宗教指導者たちだった。彼らは死人に番兵をつけた。死んだイエスさまを、生きているときと同じくらい恐れたからだ。

 

墓は丘の傾斜の岩を掘って作られたので、入り口はひとつしかない。その入り口は石でふさがれ、綱をはりめぐらせて封印されていた。しかし、彼らはそれが無意味どころか、神の御力を知ることとなる。岩も、封印も、番兵も、軍隊も、イエスさまのよみがえりを防ぐことはできなかった。

 

 

バプテスマは「浸る(ひたる)」という意味だ。そしてそれはまさに、墓にほうむられることと同じだ。他の人の手によって死を確認され、ほうむられる。古い自分はそこで死ぬのだ。

 

罪の奴隷はそこで終わる。死んだものは死から解放される。死はもはやその人を支配せず、永遠に終わらない新しい命とともによみがえる。もはや生きているのは罪人のあなたではなく、キリストが生きている。

 

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」2コリント5:17

 

明日はイエスさまがよみがえられたことを記念し、おぼえる日だ。そして自分がこの新しい命を受けたことを感謝する日だ。おおいに喜び、おおいに祝おう。

 

 

明日からの箇所は下記です。

 

第八日(日曜日) 「イースター(復活)」マタイ 28:1-15、

 


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

ルカの福音書13:22ー14:11

 

「なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」11

 

イエスさまが教えてくれた、名誉を受ける人のキャラクターだ。

 

自分から名誉を求めてはいけない。自分を一番低くする人こそ、イエスさまは祝福してくださる。自分を高くするものをイエスさまは降ろされる。

 

本当に一番高い者は主ご自身だ。謙遜な心を持とう。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com