使徒の働き7:1ー22

 

「大祭司が、『訴えのとおりか』と尋ねた。そこで、ステファノは言った。『兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、」1−2

 

エス様が復活して弟子達に聖霊を与えた後、弟子達は色々な国を巡って伝道していました。

 

ステファノもその1人です。それを見たユダヤ人は、ステファノが神を冒涜している、として訴え、ステファノは裁判に引き出されました。その時のステファノの様子が今日の箇所です。

 

ステファノは2節から53節にかけて、裁判の場で主の栄光について語ります。周りは敵だらけの中、殺されるかもしれないのに堂々と主について語ります。

 

私たちにはこれができるでしょうか? 普段生活していて、周りにクリスチャンは少ないです。「自分がクリスチャンだと言ったら、引かれてしまうのではないか…」とか、誰かが悪口を言っている時、罪だと知っていながら自分も悪口を言ってしまったり。


周りに神様のことを知っている人は少ない中、堂々と福音を語れるでしょうか?

 

聖書にはこう書いてあります。

 

「私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。」ローマ信徒への手紙1:16


福音は真理です。福音には力があります。福音は恥ではありません。むしろ誇りです。また、こうも書いてあります。

 

『全世界に出て行き、全ての造られたものに、福音を宣べ伝えなさい。』マルコ16:15

 

福音を宣べ伝えることは、イエス様の願いです。私たちは堂々と、福音を語っていくべきなのです。上手く言えるかな?そんな心配はいりません。

 

「私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行われたものではなく、御霊と御力の現われでした。」1コリント2:4

 

私たちの口を、聖霊様が動かしてくださいます。何を語るべきかは、主が教えてくださいます。だから何も心配することはないのです。

 

すべてを主にゆだねて、毎日を通して証していきましょう。

 

P.S. 祈りのリクエストがある人はいつでも待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com

 

使徒の働き6:1―15


「しかしステパノは、聖霊に助けられ、知恵のかぎりを尽くして語ったので、だれも、たち打ちできません。」10


聖書での悪役は、なんとかして正義を悪者に見立てようとする。そのために、嘘をついたり、言葉で追い詰めたりする。

 

アンパンマン」という有名作品がある。最近、アンパンマンよりバイキンマンの方が偉いのではないか、とよく耳にする。確かに、バイキンマンは目標達成のために研究開発を怠らず、何度倒されても立ち上がって諦めない。

 

それに比べ、アンパンマンはただパトロールしていて、事件が起こると行動している。一見、アンパンマンはお高くとまっているようで、バイキンマンは努力家に見える。努力家が美徳だという考え方は日本だからなのかもしれない。


しかし、ここで忘れないでほしいことがある。それは、悪役はいつも準備万端で向かってくるということだ。悪役は、正義を倒すために、人の弱点を研究に研究を重ねて、どうしたら正義を捨て、悪に染まるかをいつも考えて、私たちの弱さをいつもつついてくる。


逆に正義というものは、いつも自信で満ち溢れている。どんな攻撃があっても絶対勝てるという自信だ。アンパンマンは、いつもパトロールをしている。いつどんな事件が起こってもすぐ助けることができるようにだ。

 

助けを求める子たちも、「アンパンマン!」と叫び、助けを求める。自分では悪に勝つことはできないが、アンパンマンなら倒すことができることを知っているからだ。バイキンマンと戦う時、アンパンマンは、顔をけずり、体がボロボロになりながらも戦う。助けたい人がいるからだ。

 

「神様は愛です。」1ヨハネの手紙4:16

 

エス様はこういうお方だ。イエス様は、私たちと隣にいてくれるとっても強いお方だ。私たちのために傷だらけになることだって惜しまない。自分の命さえ惜しまない。

 

なぜ。あなたを愛しているから。それが神様の愛だ。

 

「悪に負けてはいけません。かえって、善を行なうことによって悪に打ち勝ちなさい。」ローマ12:21

 

自分への期待と自信を、神様におこう。自分ではもう何もできないことを知ろう。それが、大前提にしている神様の知識だ。そしてその知識をくれ、行動させてくれる力を与えてくださる方も、神様であり、聖霊様だ。


苦しいとき、神様の名前を呼ぼう。「イエス様助けて」と声を大にして叫ぼう。絶対、神様はあなたの手をつかみ、絶対に離さない。つかみ続けて、必ず助けてくださる方だ。イエス様はあなたのことを本気で愛してくださっている方だ。

「わたしの名前で求めなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びに満ちあふれるからです。」ヨハネによる福音書16:23



使徒の働き5:12−42

 

「『行って宮の中に立ち、人々にこのいのちのことばを、ことごとく語りなさい。』と言った。」20

 

 

弟子たちが聖霊を受けると、彼らは大勢のひとたちに福音を伝え、また不思議な奇跡やしるしをイエスの名によって行い始めた。このことをよく思わなかったサドカイ人たちは、激しく憤り弟子たちを捕らえて留置所に入れた。

 

しかし、神さまは天使をつかわして弟子たちを助けた。それは「いのちのことばをことごとく語らせるため」であった。

 

このストーリーから、神さまはは僕たちに「いのちのことばをことごとく語ってほしい」ということが読み取れる。神さまのみこころどおり、僕たちは語れているだろうか。

 

 

「この神のことばは、信じているあなたがたのうちに働いているのです。」1テサロニケ2:13

 

いのちのことばとは神のことばだ。人びとにいのちを与える、そして僕たちの内側で働いておられることばだ。部分的に語るのではない、ことごとく語るのだ。

 

でも、心配しなくても大丈夫、福音を語るときにもみことばは僕たちを励ましてくださる。

 

「人々があなたがたを引き渡したとき、どのように話そうか、何を話そうかと心配するには及びません。話すべきことは、そのとき示されるからです。というのは、話すのはあなたがたではなく、あなたがたのうちにあって話されるあなたがたの父の御霊だからです。」マタイ10:19−20

 

「言うべきことは、そのときに聖霊が教えてくださるからです。」ルカ12:12

 

「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい」2テモテ4:2

 

 

shinseigroup.hatenablog.com