読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルカの福音書20:1−18

 

「この石の上に落ちれば、だれでも粉々に砕け、またこの石が人の上に落ちれば、その人を粉みじんに飛び散らしてしまうのです。」18

 

この石とはイエスさまのことだ。「砕かれる」というのは、普通、嬉しいことをイメージしない。しかし、神の辞典では「砕かれる」ことが良いことであるだけじゃなく、欠かすことのできないプロセスなのだ。

 

なぜなら、主は砕かれたものを用いるからだ。5つのパンと2匹の魚は砕かれ、裂かれて5000人の空腹を満たしたように、主はいつも、こころが砕かれた人を用いて偉大な栄光をあらわす。

 

主はわたしたちに「もっと手に入れなさい」と言われる方ではなく、「もっと手放しなさい」と語られる。砕かれること、自分の自我やプライド、自己中心を手放すことは楽しいことではない。

 

でも、濡れなければ泳ぐことができないように、主の御前にすべてを捨てたときにあらわされる、偉大な主の御業がある。主に飛び込もう。主が用いやすいものへとつくり変えられるために、さらに砕かれよう。

 

「いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。『わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである。』」イザヤ書57:15

 

P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com

 

ルカの福音書19:28−48

 

「わたしの家は、祈りの家でなければならない。」46

 

教会はいつでも祈りにきていい場所だ。水曜や日曜だけでなく、主を求めて、祈り、賛美、みことばを読みにきていい。イエスさまは毎日あなたに語りかける神だ。あなたも毎日イエスさまに語りかけていい。それが「豊かな関係」というものだ。

 

関係の深さを測るものさしがあるとしたら、その声をどれだけ聞いているかだ。友達であっても会話がなければ疎遠になっていく。恋人であっても会話がなければ心が離れていく。

 

それは夫婦だって同じだ。関係というのは耕さなければ決して豊かにはならない。日々の努力が必要なものだ。何もしなければ干からびていくものだ。

 

だからこそ、今日という日に主に祈り、主の声を聞こう。

 

そのとき、その関係を壊そうと襲ってくる敵がいても「どうしてよいかわからなかった」(48)あなたが熱心にイエスの話に耳を傾けていたからだ。

 

「イエスは毎日、宮で教えておられた。祭司長、律法学者、民のおもだった者たちは、イエスを殺そうとねらっていたが、どうしてよいかわからなかった。民衆がみな、熱心にイエスの話に耳を傾けていたからである。」(47−48)

 

だれもキリストの愛から引き離すことはできない。何者もあなたのうちに輝く希望の火を消すことはできない。この世において圧倒的勝利者として歩みが与えられている。

 

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。」ヨハネ15:4

 


P.S.祈りのリクエストがある人はいつでも連絡待ってます。

 

 

shinseigroup.hatenablog.com

 

復活は真実である

f:id:shinseigroup:20170202000728j:plain

 

先週はイースターでしたね。

 

というわけで、少し遅くなりましたが、今週のメッセージをアップする前に、イースターのメッセージです。

 

1コリント人への手紙15:12ー20

 

続きを読む